そらとあずきのうち

なんちゃってネザーの「そら」とロップの「あずき」の日常をつづった気まま気まぐれわがまま日記です。

ある日突然に。

何の予告の無く、あずきちゃんが突然断食をはじめてしまいました。
修行僧になるのだ。
なってもらっては困ります、食べて下さい。
DSCF1532.jpg
10日朝は、元気に品定めしてたのに
夕方は野菜を食べ残して、量が多いので残すのはいつもの事とさほど気にしないでいたけど
11日は一日中、大好きなペレットも野菜もほとんどそのまま口つかず
ケージから出て●をするとすぐにゲージに戻りじっとしている。
お腹を触っても軟らかい
トイレで長い時間座ってるけど、ちっこが一滴も出てない
尿石でも出来て、ちっこが出ないのかと思い
でも、今までに一度も血尿が出た事はないし・・・と思いながら
翌朝、papaさんに病院に連れて行ってもらうことにして就寝
12日午前中、papaさんが病院に連れて行ってくれました。
正確には運んでくれただけかも(笑)
だって診察室には入らず、膀胱には尿は溜まっておらず
ひどい脱水をおこしてたので、点滴をしてくれたらしい
(見てないので、どんな治療をしたのか聞いただけ)
昼papaさんにTELすると、薬も出たけど飲ませれないとの事で
急遽、昼休みに薬を飲ませに帰ってきました。
抱っこは出来なくても、いざとなれば捕獲も簡単に出来て
薬を飲ませる事は、職業柄簡単な事
早く強制的に水分補給をしていればよかったかも
すぐに食べるだろうと、2日近く様子を見てしまいました。
その為、ひどい脱水状態になったようで反省
翌日も点滴に来るように指示されたようですが
papaさんも朝から仕事で遠方に、
私もこの日は仕事で、外に出る予定があり休む事は無理なので
朝昼晩夜に薄めたポカリ(子供用濃度に)と人参とりんごのすりおろしを
強制的に取らせる事に,
バスタオルでグルグル巻きにして、水分はある程度簡単に飲んでくれ
すりおろした人参とりんごはスプーンで口の中に
口の中に入れると、モゴモゴ食べてくれ
しつこく食べさすと、タオルをガシガシ噛んで抗議
ケージに帰すと野菜を少しだけ齧って、食べてるからいいだろうと目で訴える
それに対して、あずきちゃんが食べないからいけないのよ と心の中で呟く(笑)
CIMG3272.jpg CIMG3273.jpg

14日は、仕事が終わって病院に、先生もビックリするほど脱水は改善
点滴の必要もなし、お腹を触っても異常なし
でも、相変わらず食べない飲まない尿量は少しの状態
普段から比べると、走り回らないけど機嫌が無いわけではなく
日々悪くなる事も無く、診察しても悪い所は無いのにと頭を傾げる先生
DSCF1559.jpg
     診察台のあずきちゃん、ビックリするほどおりこさんです。(手は看護師さん)
膀胱炎を起こしてたらいけないと言う事で、
この日は念の為、抗生物質の注射と薬を処方されて様子見
12日(初診)診察と点滴、薬で¥6090(主人なので分からない)
14日(再診)診察と注射、薬で¥3200(再診¥1000、注射¥900、薬3日分¥1300)

相変わらずのハンスト状態なので
15日は、仕事の終わった午後から高知市内の病院に行って来ました。
ここでの診察も、特に異常は見当たらず
念の為に血液検査をすることに
先生はうさぎさんの血管は細いし、検査したがらない所が多いと言いながら
両手両耳5箇所も刺してしまいました。
頑張るあずきちゃんと先生を見ていたら、もういいですとは言えず
見守るしかありませんでした。
やっと採血できた時の先生、きっと心の中でヤッターと叫んでいたかも(笑)
15分ほどで結果も分かり、肝機能、腎臓、コレステロール、一般血液全て異常なし
DSCF1565.jpg
歯の異常も、お腹の異常も、血液の異常もなし
消化器官の異常かも知れないので、無糖のヨーグルトを食べさせて下さい。
後は整腸剤を処方しますとの事で
ぺリアクチンとプリンペランを5日分処方されました。
15日(初診)診察と血液検査、薬(5日分)¥4600
それを聞いて思わず安いですねと言うと、よく言われますとの返事でした。
外出も病院もストレスを感じない様子のあずきちゃん。

今朝のあずきちゃんとそらちゃん、あずきちゃんはそらちゃんにナデコの要求
DSCF1564.jpg

気が向くと少しだけ食べています。
DSCF1563_20100515234151.jpg    DSCF1561_20100515234214.jpg
あずきは少食でも元気だよ。
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨
| そらとあずきのうち |