そらとあずきのうち

なんちゃってネザーの「そら」とロップの「あずき」の日常をつづった気まま気まぐれわがまま日記です。

春はコイの季節

前回の続きです。
ビックリするくらい大きく響かせていた音の主はこちらの鯉達で、浅瀬では至る所で雌鯉を追いかけて熾烈なバトルが繰り広げられていました。普段畑の側に産卵で昇って来る鯉より激しすぎる。(笑)
IMG_2757.jpg

別の場所でも、こんな水溜りだと簡単に手掴みも出来きそうだと1人ニヤニヤしながら眺めて、これが後に現実になろうとは(笑)
IMG_2755.jpg

ここの水溜りでは段々水が少なくなるに従い少しの水の流れを利用して、上手に水たまりから川に向かって身体をくねらせ脱出するものも
IMG_2760.jpg

見てるとついつい、後少し頑張れって声を掛けてしまいます(笑)
IMG_2761.jpg

2匹は何とか無事川に辿り着く事ができて一安心
IMG_2762.jpg

でも、その次に脱出をこころみたコイは
IMG_2766_201505161117475cc.jpg

少なくなって来た水の流れに乗る事が出来ず
IMG_2767.jpg

途中で少しだけ目標を誤りあらぬ方向に、軌道修正の為大きく跳ねたら跳ねるほど川からは離れて行く始末、炎天下このまま放置する訳にも行かず、撮影はここまでにして
IMG_2769.jpg

取り合えずカメラは置いて素足になり、この浅瀬を渡って救出に向かう事に
IMG_2764_2015051611294332f.jpg

簡単だと思っていたけど捕まえようと近づくと跳ねて触る事も難しい、そこで50㎝以上ある鯉をどうしたものか考えた結果、思いっきり川の方に向かって蹴る事に、凄い事をするね~なんて思わないで下さいね、撥ねて触る事が出来ないんだから、仕方なしに足の甲に乗せる様にして投げただけですよ(笑) で、2回ほどで無事川に戻す事ができて、水溜りに残ったのは後1匹、これは先ほどより大きく60㎝を優に超え丸々と太ったデカィ鯉 段々小さくなって行く水たまりの中を追いかけても鯉の方も必死で逃げ回り捕まえる事は到底無理な話、またまた逃げ回るコイをどうしたものかと思案した所、両手で捕まえるのは難しいので、両手で救ってその勢いで川の方に投げればなんて無茶苦茶な考えに至った訳でして、まぁ投げたと言うより大きいので転がしたと言う表現が正しいかも(笑) 1回では勿論重くて川まで投げるのは無理なので転がす事数回、やっと無事川の中に戻す事が出来ました。     (ちなみに転がしたのはこの写真の鯉ではありませんよ)
IMG_2770_20150516111745477.jpg

投げる前にはこんな努力もしたんですよ。
脱出用の溝を途中まで棒で掘ったけど、水の引きが早くて追いつかず(笑)
IMG_2772.jpg

浅瀬では50~60㎝級の鯉が恋のバトルを繰り広げていましたが、水位はわずかな時間で急激に下がり一部の鯉達は本流に合流すべく去って行きました。
IMG_2773.jpg

ままたんはちゅることがめちゃくちゃにゃんだテヘ
IMG_2565.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨
| そらとあずきのうち |