そらとあずきのうち

なんちゃってネザーの「そら」とロップの「あずき」の日常をつづった気まま気まぐれわがまま日記です。

あずきちゃんの側に

皆様
そらを応援して頂いて、ありがとうございました。
IMG_5096.jpg

早くお知らせをしようと思いましたが、いざ書こうとすると涙が溢れて書く事が出来なくて・・・。
もう長くはないと覚悟は決めていたのに、そこからいなくなってしまうと寂しいですね。
うさぎを飼おうと決めた7年前、うさぎの寿命は5~6年と書いていましたが、中には10年以上の長寿も、わずか数カ月でお月様に帰る子もいたりして、個体差はあり多分平均的なんでしょね。
そらは7歳を過ぎた頃から、食欲はあっても目に見えて急激な体力の衰えを感じるようになり、それまではロフトに駈け上がり飛び降り、これを1日に何度となく繰り返していたけど段々そんな姿も見なくなり、ケージに飛びついてつかまり、おやつの催促をしていたのに手足が弱ると踏ん張りが効かず落ちて尻もちを突くようになり、見ていてヒヤヒヤの連続でした。そして毎日の楽しみが朝の部屋んぼで台所に何度となくおやつの催促来ること、リンゴをあげると嬉しそうに何処かに運んで食べ無くなればまた催促に来ていたのが、催促にうたっちをするとその場で後ろに転ぶ、持って行って食べてたリンゴもその場で食べて2回目の催促をするように、段々動く事がしんどくなっていってる感じで、5月になるとトイレは使わずスノコの上でするようになり、段差がないのでその方が楽だったと思います。この頃から、ぱぱさんと相談をして栄養は偏るかもしれないけど、そらの好きな物を好きなだけ食べさせてあげようと、それでも連休の頃から大好きだったおやつの量も減り、じっとしてる時間も多くなり、野菜も一口二口、ふやかしたペレットに大好きなリンゴをすりおろしパパイヤを刻んで入れて置くと食べてたのに最後の方はリンゴとイチゴだけしか食べなくなり、6日昼頃には寝たままで動かなく、下は垂れ流し状態だったけど腕の中で生きているのか心配するほど静かな寝息で、時々寝返りをするような仕草が夕方まで続き、腕の中でゆっくり休めたのか、ちょこちゃんとゆずちゃん姉妹に元気玉パワーを送ってもらってからは、夜にはどこにそんな力が残っていたのか自力で起き上がり普通に移動も出来て、少しだけ野菜を食べてお水も飲んで巣箱の中に入り横にはならず、夜中には入れてあげたリンゴを齧る音が響き苺も完食をしていました。夜中にお水を飲みたかったのか、野菜を食べたかったのか定かではないけど、朝巣箱から出て横たわるそらを見つけて駄目かも知れないと思い抱き上げると、まだ少し力は残っていて抱き上げた腕の中で静かな寝息をたてていました。それから3時間後そらちゃんはあずきちゃんの待つお月様に眠るように静かに旅立ちました。毎朝起きるとすぐにご飯ご飯と大騒ぎをする猫達も、この日の朝はにゃんとも言わず静かに寄り添ってくれていました。そらに興味の無かったらむにゃんも前日から心配そうにケージの中を覗き込んでいる姿が印象的で、動物同士感じるものがあるかも知れません。
7年間って長いようで短い年月、家に居る時間のほとんどを隣で過ごし日々カメラを通して追い掛けて、見つめていた子がそこから消えてしまうって、覚悟をしていても寂しいものです。

主が居なくなってしまったケージはガランとして、やがてここもみんなの遊び場になるかも知れません。
IMG_0546.jpg

覗いて見ても
IMG_0555.jpg

振り返って見ても、そらちゃんはもうそこには居ないよ。
IMG_0561_20140509133543f5f.jpg

今はそらちゃんが大好きだったあずきちゃんの側で眠り
きっと今頃、お月様で一緒に遊んでるでしょうね。
IMG_0548.jpg

優しかったそらちゃんありがとうね。
いつまでもそらちゃんの事が大好きだよ。
IMG_0544.jpg
皆様の所の愛兎ちゃんは、少しでも幸せな日々が長く続きますように祈りを込めて☆~

別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨
| そらとあずきのうち |