そらとあずきのうち

なんちゃってネザーの「そら」とロップの「あずき」の日常をつづった気まま気まぐれわがまま日記です。

何もないねぇ。

きんちゃんが美味しく食べてると、何を食べるのか覗きたくなって
IMG_4059.jpg

きんちゃんの居ない時を見計らって、お部屋に入って見るけど
IMG_4087.jpg

見まわして、何もない時は
IMG_4088.jpg

何もないよ、とママに言いに来ます。
らむにゃんは可愛いねぇ。ママに報告に来てくれるの
他の子は来てくれないのにねぇ。
IMG_4094.jpg

お腹が張ったら、お昼寝をしようね。
IMG_4467.jpg

3~4日続いた雨も上がり、今日は雲一つ無いお天気です。
お天気が良くても何もない中、何をしようか迷ってしまいます(笑)
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

2人の距離は

気が付くと、おやおやこの二人天敵だったはずが仲良くコタツの前で(笑)
IMG_4378_2016011715103642d.jpg

くりちゃんには見えてないのかな~、そんなはずはないけどねぇ。
IMG_4379.jpg

目の位置が違ってると、見た感じは違うかも知れませんね。
IMG_4381.jpg

しばらく静かな時間が過ぎていきます。
IMG_4383.jpg

やっと庭の梅達も、さき始めました。
DSCN1306.jpg

IMG_6818.jpg

IMG_6820_201601271051585ae.jpg

IMG_6822.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

ストーブの前はいいね

らむちゃんの側に、きんちゃんだけだといいねぇ
IMG_4435_20160117145630904.jpg

くりちゃんにもきずかれないし、らむちゃんは見て見ぬ振りをしてくれるから
IMG_4436_2016011714562995c.jpg

近くでゆっくりできるね~。
IMG_4438_20160117145628e21.jpg


昨日の太陽は雲の中
IMG_2185_201601232316374ce.jpg

別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

気が付くまでは(笑)

ある日の事、みんなの寝てる所にきんちゃん侵入
IMG_4445.jpg

うふふ・・・気が付かないなあ~。
IMG_4447.jpg

お耳の匂いを嗅いでみよう。くんすかクンクン
IMG_4448.jpg

何も感じなかったけと、
IMG_4449.jpg

こんどは、てん手をくんすかクンクン。
IMG_4450_201601171501006c0.jpg

今度は完全に気ずかれてしまった。
IMG_4451_20160117150059f3f.jpg

いやぁ~ まいったまいった。
IMG_4452.jpg

畑では、いろんなドラマが
IMG_2151.jpg

繰り広げられています
IMG_2177_20160121110001f7a.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

食べにくい人参

いつの間にかケージから持ち出した人参、きんちゃん食べにくそうね。
IMG_4352.jpg

ママが持ってあげようか?
IMG_4355_201601171453442c0.jpg

ね、食べ易くなったでしょう。
IMG_4361_201601171453447d1.jpg

凄い勢いで
IMG_4366.jpg

もうすぐ、一本完食だねぇ(笑)
IMG_4375.jpg

いつも買いに行くお店の閉店時間は、日が暮れたらお終い
これだと時計を持ってなくても一番わかり易いかも(笑)
IMG_2147_201601181433316de.jpg

工事現場ではうさぎさんが沢山働いています。寒いのにご苦労さん。
IMG_2165_20160118151240a73.jpg

別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

ブロッコリーの食べ方

おおちなはっぱはよちょにたべちくのテヘ
IMG_4252.jpg

よちょにいっちきち(横に食べていき)
IMG_4254.jpg

いちちゅいちゃら(行き着いたら)
IMG_4255.jpg

もんちきち(戻って来る)
IMG_4256.jpg

ちょこじぇいちちゅぎちゅるの(そこで息継ぎをする)
IMG_4257.jpg

お月様
写してからアップしないままに2~3日が経ってしまいましたが(笑)
夕方用事で出かける事が続き、綺麗な三日月を見ながら急いで帰って来たものの
お月様の方が帰り着く前に雲の中に、競争に負けてしまう日々(笑)

そこで、あなたにはお好みがありますか。
影が見えない三日月だけですか
DSCN1233.jpg

それとも影の部分のほうが見える三日月
DSCN1261.jpg

なんとなく両方が見える三日月かな?
DSCN1263.jpg
違うのはピントを合わせる場所(明るい月か影の部分)と、露出補正の違いだけです。

前回の記事UFOかな?の不思議な光の原因は、湾の光がレンズに反射して写り込んだ物だと言う事です。
光の写り込みや夜露の滲み、光のゴーストなと考えない訳では無かったけど、30枚近く写ってるとこれは何???ってなってしまいます。見て頂いた写真はその中の上の2枚だけで、これだけを見れば確かにねって納得してしまうけど、この日は写り込む条件が揃い過ぎていたんでしょうか、今一つ疑問は残ってしまいますが・・・。(笑)。
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

これってUFO?(笑)

正月に続き、今回もみゅうと早朝山に行って来ました。
昨日は新月、月明かりの影響もない日を狙って、まぁ三日月位では全然影響は無いけど、出来るだけ光は除外して、これが天候に関しては凶と出てしまったのは言うまでもない事、いや返って福になったかも知れない(笑) 前日まではお天気も良かったけど、残念ながらこの日は少し雲が掛り始めていて、前夜には出かける準備もしてたので、迷ったけど折角早起きをしみゅうも行くき真満々だったので決行する事に、到着するとまぁ予想通りと言うかそれ以上に雲は広がりを見せて、準備をしてる間に雲の隙間に星がチラチラ、こんな予定では無かったと内心思いながら、カタリナ彗星及び水平線から昇る金星と土星を写そうと思ったけど、カタリナ彗星は雲で絶望的、港町や海上は靄が掛り、金星に至っては雲の中に見え隠れ状態で、ピントの微調整が中々上手くできなくて悪戦苦闘(笑) 諦めて帰ろうかと思ったけど、ここで帰ってしまったら、後に天気が回復して後悔するかもしれないと夜明けまで待つ事にして、その間チャンスかあればシャッターを切りながら、霧の為か海上の漁船には気が付かなかったけど、写してみて意外に多く沖に出てるのには少しビックリしてしまいました。
そこで気がついたのが、海上の少し浮いた所の青い光です。船は水平線をほぼ一列に並んで見えるけど、ね 浮いて見えるでしょう。
お月様のように大きく見えるのが金星、隣の右上が土星、金星が大きく写ってるのは多分ソフトフィルターと霧のせいかも?海上にもその影を映しています。
IMG_5093_20160110193401d46.jpg

不思議な光はこれだけで無くて、空に浮かぶ青い円系の光、不思議でしょう。
IMG_5105.jpg

ぱぱさんは、UFOなら肉眼で見えるはず、見えないのは海上の漁船の光が反射したせいと言うけど、最初は私もそう思ったんですよ。でもねそれにしても不思議な光でしょう。確かにこの光は肉眼では全然見えず気が付か無かったけど、ピントの確認をしていて不思議な光があるのに気がついたけど、周りに写り込む光もない まして夜露対策もしてるし??? もし漁船からの反射光なら段差があるのって変ですよね。
IMG_5106.jpg

丸みを帯びていてUFOの母船のように見えませんか(笑)
IMG_5110.jpg

IMG_5116.jpg

IMG_5118_20160110194933b77.jpg

これも光のマジックだったんでしょか?
IMG_5121.jpg

これを見れば、海上からや漁船の光で無い事が判るかな
IMG_5140.jpg


夜が明け始めて、太陽の光があたり不穏な雲の広がりもより鮮明に(俗に言う地震雲)
IMG_4393.jpg

日の出の方向には太陽柱(サンピラー)も現れて
IMG_5183.jpg

残念ながら今回も、日の出は雲の上からでしたが(笑)
IMG_4404.jpg

満足のいく訳の分からない収穫の多い、眩しい~夜明けでした(笑)
IMG_4421.jpg

別窓 | そらとあずき | コメント:23 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

同化して(笑)

ある日の事、暖かい風が来ないなら、みんなと一緒に同化すれば
IMG_4238.jpg

こっそり近寄れば誰も気が付かないと思うよ(笑)
IMG_4244.jpg

IMG_4243.jpg

ストーブの前で寛ぐにゃんたまときんちゃん、毛色が似てるから混ざっていても違和感無いねぇ。
IMG_4245_201601080959337a3.jpg

IMG_4246_201512312249132f1.jpg

薄暗い中、ぱぱさんが電気を付ける音で気が付いたと思うけど、珍しく起きない(笑)
IMG_4248.jpg

くりちゃんは薄目をしてたけど見えてなかったのかな?
IMG_4249.jpg

それでもいつまでも仲良くストーブの前にと言う事はなく、だれかが正気に返れば団合は解散かも(笑)
IMG_4250.jpg
この後、きんちゃんが飽きてしまって早々に離脱、猫と違ってきんちゃんは一ヶ所でじっとしてる事はないから
猫と仲がいいのって聞かれるけど、今はきんちゃんが一番の年長者で、らむにゃんは生後4ヶ月で来たけど、それまで狭いケージの中で暮らしていて体重も750gの超軽い骨が毛皮を来たような子で、普通の子猫の様な活発さはまるでゼロ、おまけに存在感も無し、初めてそらときんちゃんに対面した時、うさぎは怖いんだとそれぞれに足ダンで釘を刺されてビビりまくり、それからは一緒に居ても目を合わさぬように見て見ぬふりをし、触らぬ神にたたりなしの精神で日々を過ごし、きんちゃんがケージの中でなおかつママが側にいる時のみ、気が太くなってからかう時もたまにあるけど(笑)


おまけ、時期外れの冬のスイカ
毎年妹の所から年末に、スイカともち米胡瓜が現地直産で届くけど昨年はクリスマスの後にノロウイルスで家族全員がダウンしてしまって、届いたのが先日(正確には忙しいので取りに来て連絡があり)少し遅くなったけどもち米はお餅その他色々に、後は「かんば餅」に変身予定です。かんば餅はスーパーなどで期間限定で販売をされていますが、我家は数年前から自家製のお芋で作っています。
材料はパリンパリンに乾燥させたお芋(1.8K)もち米(1升)お砂糖(1K)で作ります。但し専門業者に委託してです。
IMG_2146.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

あたちだって


きんちゃんだって、たまにゆっくりストーブに当たりたい時もあるんだよね。
IMG_4234_201512312336556e2.jpg

でもねぇ、ストーブが点いてるのににゃんたま達が見逃す訳がない
IMG_4233_20151231232908e16.jpg

にゃんたま達が前を占領すると、にゃん風林になって少しも暖かい風はこない
IMG_4232_2015123123380696b.jpg

きんちゃんがぬくぬくしていても、そんなの全然関係ないにゃんたま達
IMG_4230_20151231232908bc5.jpg

いくら待っても、きんちゃんには暖かい風は届かないねぇ
IMG_4229_2015123123290921d.jpg


沈む綺麗な夕日を見ながら運転中、残念ながら停車できる場所も無く、やっと写せる場所に来た時はすでに太陽は沈んでいて(笑)その時目に入った不思議な一筋の雲、見える範囲一直線に伸びて、その時飛行機も少し飛行線を描きながら飛んでいたけど、飛行機の場合は線が風でよれたり、最後の方は広がって消え始めているので、明らかに違い雲です。
IMG_4341.jpg

拡大するとこんな感じです。
IMG_4340 - コピー

それから、20分程車を進めた堤防の上でもまだ消えずにいた雲、幅は少し広くなっていたけど、今度は飛行機が飛行線を描きながら飛び去って行きました。この雲は自宅に帰り着いて辺りが薄暗くなる頃まで黙視できました。
                   (上の写真の左の方で写ってないけどの雲の続きです)
IMG_4348.jpg
不思議な雲でしょう。私は今まで見た記憶はない様な気が(笑)
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

正月の舞台裏で

彗星を写し終わり、初日の出を待つ間に
辺りはまだ月明かりだけの薄暗い午前6時前、みゅうは相変わらず辺りを冒険中です。みゅうがここに来たのは今回で4回目、初めの頃は車の中で寝る事が多く、外に出ても車の周りだけウロウロして直ぐに車の中に、夜中に迷子になっても探すのに大変なので自由に外で遊ばす事はほとんどありませんでした。今回は夜が明けるまでいる予定だったのと呼ぶと子犬のように帰って来るので安心してある程度自由に遊ばせ、遠くへ行かない様に時々は声を掛けたりしながら夜中の冒険に半分付きあって、その様子をデジカメで写しても、闇夜にカラス状態で写る訳もなく闇夜に同化した猫(笑)
IMG_4293_20160102223447685.jpg

こんな月明かりの中では、ISOを上げる訳にも行かず写すのは難しい
ちなみにカタリナ彗星はこの時、中央付近の一番明るく見える☆付近くです。
左上のくの字に見える4つの星が北斗七星です。
IMG_4873.jpg

ペンチの上でしばらく辺りを眺めるみゅう、辺りは真っ暗で何を見てたのかな。
IMG_4932_20160102102912558.jpg

海上が明るくなり始めた頃、一機のヘリが西に東に
DSCN1212.jpg

ヘリから初日の出を楽しむんでしょうか?豪華ですね~(笑)
ヘリからだといち早く初日の出を拝めたことでしょうね。こちらから見えるようになった時はいなくなっていました。
DSCN1214.jpg

今回行った場所は、時々夜中に彗星を写しに行く自宅からは南にある山並みで、海や遠くに四国山脈が見える場所です。標高は高くないけど360度見渡せる比較的光害の少ないお気に入りの場所だけど、道幅が狭い最後の坂が45度の折り返し普通車で上がって来る人は狭い道をハンドルを何度も切り返しながらやっと曲がれるような難所、帰りも狭い急な下り坂で、下りはじめは前が見えないので車をガジガジなんて擦る人もいて、ここに来るには軽でも一回で曲るのは難しい、だってねぇ後輪が浮いて空回りするから何度も切り返しが必要に、経トラの四駆だとハンドルの切り返しもしなくていいし楽に登る事が出来ます。頂上からは見事な山並みが見えるでしょ(笑)
IMG_4303.jpg

山の反対側は土佐湾~太平洋に、桂浜、浦戸大橋、湾の先の方には室戸岬が望めます。
IMG_4953_20160102102536ecb.jpg

みゅうちゃんもっといい顔で写したかったけど、隣で大型バイクが2台エンジン駈けていたので挙動不審にそれに人もいたので、夜中はいい顔で遊んでいたのに、この直後車に駈けこみ山を後にしました。
IMG_4326.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

元旦早々

元旦に早起きをしたのは何年ぶりだろうか、いや何十年ぶりかも(笑)
今年の正月頃には、カタリナ彗星が見つけ易い位置にあると言う事で、それなら山に登るついでに初日の出を写そうと3時に起きでお出かけしました。一緒に寝てたみゅうも一緒に行く気満々、さっさとママより早く外に飛び出し、車のドアを開けると先に乗り込み深夜のドライブに(笑)山の頂上は車が余裕で10台ほど止めれる広さがあり、深夜誰もいない山の上でみゅうは遊び放題、楽しく走りまわって寂しくなると鳴くので、呼ぶと暗がりの中を走って車まで帰ってきたり、軽トラの荷台に上がっでママのする事を眺めたり、1人だと寂しい山でもみゅうが居るだけで心強いです(笑)。

まずは元旦最初はお月様から
DSCN1208.jpg

お月様の近くに木星が有るので、一緒に狙ったけど明るさの違うお月様とお星様を一緒には難しいですね。お月様は白くなってしまいます。
DSCN1198.jpg

そして、今回の目的であるカタリナ彗星
IMG_4894_20160101203428879.jpg

カタリナ彗星は現在、アルクトゥールス近くを通過中ですが、近くにお月様があり明る過ぎて、でもラッキーな事に流星群には恵まれなかったけど、今回彗星の近くを流れる流星を偶然捉える事が出来ました。○がカタリナ彗星、印の間を流れているけど月明かりで判り難いですね(笑)
IMG_4911_201601012032333f6.jpg

上の写真をトリミングしています。
IMG_4911 - コピー

そして、オリオン座が山に沈みかける頃
IMG_4880.jpg

反対の海上に金星が昇り始めて、一番明るい星が金星
IMG_4927_2016010120494825a.jpg

辺りも明るくなり始めて、もうすぐ夜が明けます。
IMG_4980.jpg

その頃になると、ここにも初日の出を見にたくさんの人が集まって、残念ながら太陽は海上の雲の上からでした。
IMG_4309_2016010222284503f.jpg

IMG_4313_20160102222844f8c.jpg

2016年の夜明けです。
IMG_4322.jpg

ぱぱさんにお年玉をもらちゃった、中味が気になるでしょ(笑)
欲しかったレンズが買える金額、ぱぱさんありがとう。
IMG_4338_20160102001146f4a.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

謹賀新年

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

今年はらむにゃんが代表して、幸運の掴み方を伝授してくれます(笑)。
にゃ~ぃ、ことしもみにゃしゃんよろしくにゃ~
IMG_4266_20151231162529b6b.jpg

じっと待っても幸運はこにゃいので、今年もあの手
IMG_4275.jpg

この手で
IMG_4274_20151231162526b1a.jpg

届かない時はぐぃ~と短いお手々をいっぱいにょばして
IMG_4269.jpg

福をかき集めて、みにゃさん幸運な一年にするにゃ~。
IMG_4282_20151231162525d9f.jpg

今年も よろしくお願いします。
IMG_4286.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨
| そらとあずきのうち |