そらとあずきのうち

なんちゃってネザーの「そら」とロップの「あずき」の日常をつづった気まま気まぐれわがまま日記です。

高知うさんぽ会

遅くなりましたが、11月24日に開催された高知うさんぽ会の様子です。
今回はデジカメでなく一眼を持参で(笑)
IMG_0766.jpg

グランドの回りの思い思いの場所にサークルやケージを設置して
11時~3時まで、この日は日差しもきつく2時半までした。
IMG_0739.jpg


うさんぽ会の参加うさぎさん達です。
名前を間違えていたらごめんなさい(ご連絡を下さい)。
紹介の順番は時計回りで20羽です。


楽しいうさぎさん同士の情報交換も開かれて和気あいあい(笑)


写真を撮るには、身だしなみも大事だよね(笑)


遅くなりましたが、みなさんお疲れ様でした。
スタッフの皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

竹林寺の紅葉

モミジと太陽がまぶし過ぎて(笑)
IMG_0975.jpg

IMG_0909_201311290024329fa.jpg

お地蔵さんの赤い帽子に同化する位に色付いていました。
IMG_0924_201311290013417ef.jpg

でも、参道の日陰はまだ青く、このままで終わってしまうのかな?
IMG_1003.jpg

風が吹くと油絵の世界になり、穏やかだと鏡の世界に
瞬間で風景を変えてくれる水の世界でした。
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

追いつかない(笑)

ママちゃんはね、忙しくておさぼりしてたんだってさ、だめだね~
IMG_0400.jpg

早起きして朝日を写しに行ったら、水平線の上には厚い雲の層があって残念
IMG_9601.jpg

白鳥は飛んでこないけど、シラサギの団体さんに会いに
IMG_9762.jpg

ちび助と滝を見に行ったり
IMG_0263_20131127001543a8f.jpg

夜中に起きてアイソン彗星を探しに行ったり
IMG_0423_201311272229312e1.jpg

うさんぽ会にきんちゃんと行ったり
IMG_0463_201311272230501d9.jpg

竹林寺に紅葉を写しに行ったり
IMG_0809.jpg

トンビを写しに行ったのではなく
IMG_1086_20131127223406492.jpg

飛行機を写しに
IMG_1118.jpg

そして日曜日には、隙をついてらむにゃんにプチ家出され、
夜中から大雨になり、随分心配したけど24時間ぶりに帰って来ました。
らむにゃんの家出でママは何もしたくないほど疲れてしまいました(笑)
これは虐待じゃないよ、ご飯の時はちび助達に邪魔をされない様にケージの中で
IMG_0403.jpg

写真の整理が追いつかないので、またゆっくり記事にします。
お返事も遅くなってすみません。
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

雪が降ってたよ。

南国高知にも雪が降ったんだよ。但し山間部だけど テヘ
IMG_0230.jpg

紅葉は月曜日に予定をしていたけど、用事をしてる間に出かける時間も無くなり
夕方うちゃぎ~ずの食料調達に畑に出かけて、綺麗な満月に魅せられて
写していてとてもじゃないけど、寒くて外に長居は無用と思ったけど(笑)
PB180002.jpg

翌日自宅周辺は青空、お天気も良いしお出かけ日和とばかりに
でも車を進める内に怪しい天気に、山は雲がかかり見えないおまけに途中で雨が降りだして
半分来た所で仕方ないのでUターンしたものの天気が気になり、時々振り返りながら(笑)
で、少し雲が流れて青空がチラホラ、ぱぱさんに℡をすると山は雪が降ってるとの事
だから麓は雨だったんですね。
山の天気は変わり易いけど、駄目で元々とまたUターン(笑)
雨の中を通り抜けると、最初に行った中津渓谷ではそこそこ晴天に
但し、帰る頃には雨が欲ばりな私としてはここまで来たので
帰り道に安居渓谷にもよる事に、着いても傘がいるほどで傘を片手に
IMG_0086.jpg

IMG_0076_20131120005100bee.jpg

少し雨も上がり掛けて、青空もチラホラ見え隠れ
IMG_0101_20131120115036ace.jpg

ここでお会いした方が、四万十町から紅葉を撮影に来たけど
山は雲で何も見えないので、今降りて来たばかりだけど、
麓は少し青空が見え初めたので、もう1度行って見ようかと言う事になり
一緒に付いて行きました(笑)
IMG_0099_2013112000505892b.jpg

お勧めの山の中腹、でも道路の縁には雪が
IMG_0106.jpg

ここにも降ってたんだね。
IMG_0105_201311200050571bf.jpg

下では雲の切れ間に青空が少し覗いていたのに、世の中そんなに甘くはなかった(笑)
1人だったらとてもあめの中は無理ですよね。
お話をしながら10分でいいから晴れてくれればと願いながら傘をさして待つ事小一時間、
IMG_0107_201311200050562b9.jpg

待ったかいがあり、5分ほどの雲の晴れ間に雪山と紅葉を見る事が出来ました。
IMG_0166.jpg

IMG_0199.jpg

こちらはうさぎさんに見えるでしょう。雪うさぎさんだよ(笑)
IMG_0193.jpg

IMG_0207 (2)

山はもう冬支度がはじまっています。
IMG_0221 (3)
別窓 | そらとあずき | コメント:15 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

多いのか少ないのか(笑)

そらちゃんときんちゃんの野菜は出来るだけ種類を多くと言う事で
IMG_0239.j<br />pg

少しずつでもこんなに多くなってしまいます(笑)
IMG_0237.jpg

後はタンポポが入ったり、パセリや明日葉、セロリが取り頃になれば追加で
野菜の総重量は165g
IMG_0236.jpg

中でも今一番のお気に入りは
IMG_0241.jpg

チマサンチュでした。
IMG_0242.jpg

中々、マイブームがあってこの野菜を喜んでいたので、
今度は重点的に多く作るとブームは過ぎ去っていたりして(笑)
与えても良い野菜でも、野菜の種類によっては便が緩くなるので要注意です。
IMG_0244.jpg

で、これを全部完食するかと言うと、きんちゃんは残さず完食
そらちゃんは毎回こんな感じで、ご馳走様でしたと残しています。
いいよね、好きな物を好きなだけ食べて、元気で居てくれるのがいいものね。
IMG_0247_20131118112557c1b.jpg

春野町の『菊の森』です。
場所はあじさい寺の近くにあり、同じグループの方たちがお世話をしてるようです。
こちらは菊のサワチ料理がメインかな?
IMG_8838.jpg

それとも、スカイツリーを模した菊の塔
IMG_8820.jpg

いぇいぇ菊の香りがむせるような花のトンネルかもしれませんね。
見応え十分で楽しませて頂きました。
IMG_8802.jpg

即売している菊の品種の多さにもビックリです。


で、もっとビックリしたのが
ここでも咲いていた桜です。この秋には2ヵ所で発見
IMG_9040.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

旅する蝶

ここ牧野植物園では、菊の他にたくさんの蝶を見る事が出来ます。
IMG_8668.j<br />pg

IMG_8685.jpg


IMG_8662_20131115094254e51.jpg

少し羽が綻びて旅は大丈夫かな?
IMG_8671_20131114110716a01.jpg

IMG_8670_20131115094352184.jpg

ゆっくり休んで、無事に旅を続けれるといいね~。
IMG_8686_20131115094530f52.jpg

ミツバチさんも
IMG_8679_20131114110210399.jpg

てんとう虫さんも冬支度かな。
IMG_8634.jpg

そしてこちらも旅する子猫 (剣山、標高1955m山頂にて)
IMG_8084.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

菊花展

ここ牧野植物園では菊花展が開催されていました。
妖艶な横顔の美人は
持統天皇の菊人形
IMG_8513_20131110233709d2e.jpg

IMG_8527.jpg

IMG_8522_20131110233708de8.jpg

IMG_8524.jpg

IMG_8526_2013111023385047f.jpg

そして、小野小町
IMG_8516_201311102338521dd.jpg

IMG_8514_20131110233851de2.jpg

IMG_8525.jpg


両手に花では無かった 紀 貫之
IMG_8518_201311102340101d4.jpg

IMG_8507.jpg

そしてこちらは、高知の人気者
IMG_8693.jpg

カツオ人間です。
IMG_8694_20131110234536e76.jpg

一緒にはし拳をしながら記念撮影が出来るのに
カツオ人間が強いのか、誰も相手がいませんでした(笑)
IMG_8534.jpg

IMG_8603.jpg  IMG_8560.jpg

IMG_8602.jpg  IMG_8598.jpg

IMG_8600.jpg  IMG_8606.jpg

IMG_8613.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

綺麗になったね。


換毛期と言うほどの事はないけど、ボサボサ毛のそらちゃん
IMG_0076.jpg

このボサボサのうさぎさんはどこのこかな、
それにしても凄いね~(笑)
IMG_0077_201311022352198bd.jpg

そこで、少しブラッシングと爪切りをしました。
テントリー外の庭で、ここだと大人しくしてくれます。
お利口さんだとおやつをお口に強引に入れてくれるおまけ付きだものね(笑)
IMG_0078.jpg

あれまぁ、めちゃめちゃ綺麗な毛並みになって、この子は何処の子かかな
でも綺麗なのは一時で、翌日にはまたボサボサじゃん(笑)
IMG_0081_201311022352185e2.jpg
高級毛皮に変身しましたとさ(笑)

秋は紅葉もいいけど、菊もいいですね
菊花展を初めて見に行きました。
IMG_8951.jpg

IMG_8884_20131110150801312.jpg

IMG_9024_20131110151431bbf.jpg

IMG_8902_2013111015124646b.jpg

IMG_8937_201311101510168c1.jpg


別窓 | そらとあずき | コメント:17 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

幻のプレゼント企画(笑)

普通だったらそのまま畑に残して置く小さなお芋も
我家では大事なうちゃぎ~ずのおやつ
小さなうさぎのおやつサイズのお芋がたくさん有ったので、
着払いでもいいよって言う方がいたら、プレゼントをしようかとぱぱさんに相談したら
お芋を買うより、送料の方が高くつくので誰も要らないよだって即却下されちゃった(笑)
まぁね、確かにそれもそうだと納得してしまうママです
それでは今度、高知うさんぽ会があるのでその時に持って行こうかと
IMG_0099_20131104101325f85.jpg

ママんちのお芋は、おやつに美味しいんだ~。
IMG_0101.jpg

一日に1個だって、ケチだな~
IMG_0103.jpg

食べてる途中で取りあげて、美味しそうな色でしょう。
元々は本場から取り寄せた安納芋で翌年苗を作り、今年2年目の自家製の苗
でも土譲が全然違うので、蜜が滴るような安納芋にはならず安納もどき(笑)
どちらかと言うと、甘味もあり煮崩れをしにくいので私はもどきの方が好きです。
IMG_0105.jpg
別窓 | そらとあずき | コメント:14 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

少しだけ色付いて

足が出ても出れない、落ちそうで落ちない
ママちゃんこんな所から写真を写したんだよ。
IMG_0098.jpg

前回の続き
ここでは紅葉も始まり掛けていたけど、きんちゃんのケージのように
間が空いた丸太を繋げたかずら橋の上では、自分が歩くだけでも揺れる
まして他に観光客が渡れば、半端のない揺れが襲い
足が嵌っては大変なので両手もふさがり、景色を写す為に左右の移動も難しい(笑)
回りの景色を写す余裕も無く2~3枚写すのがやっとです。
IMG_8190.jpg

IMG_8193.jpg

男橋から女橋を、下を見れば足が竦むでも下を見ないと歩く事も出来ないスリル(笑)
IMG_8192.jpg

そして、女橋から野猿の渡しロープが見えます。
IMG_8216.jpg

かずら橋もレトロで素敵でしょう(笑)
IMG_8241.jpg

IMG_8203.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

途中で寄り道

週末は雨の予報で、その前に前から行きたかった剣山が紅葉が見頃と言うので行って来ました。
IMG_0079.jpg

徳島県の剣山に行く途中で、祖谷のかずら橋に立ち寄りながら
IMG_8260.jpg

こちらのかずら橋は、道中道幅も狭く観光客も少ない穴場です。
IMG_8257.jpg

川を渡るには3通り
IMG_8251.jpg

男橋
IMG_8254_20131103101419d2b.jpg

高い所の苦手な私としては、少々足がガタつきカメラ片手に片手はしっかり欄干に
これでは写真は写せませんよね(笑)
IMG_8195.jpg   IMG_8196.jpg

こんなに間が空いてるんですよ。
IMG_8211.jpg

そして、こんなに高い位置に
IMG_8247.jpg

女橋
IMG_8217_20131103105008bbb.jpg

こちらはかなり低い位置にあります。
IMG_8232_20131103105007018.jpg

IMG_8213.jpg

野猿
定員3名、籠に乗り紐を引っ張って自力で渡ります。
IMG_8225.jpg

IMG_8219.jpg
別窓 | そらとあずき | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| そらとあずきのうち |