そらとあずきのうち

なんちゃってネザーの「そら」とロップの「あずき」の日常をつづった気まま気まぐれわがまま日記です。

紐と戯れるみゅう

みゅうちゃんは黒い紐と格闘中です。
IMG_0112.jpg

こんにゃろうめ
IMG_0113_2017042221510191e.jpg

これでもか
IMG_0114.jpg

がぶり
IMG_0115.jpg

参ったか
IMG_0116_20170422215104f4f.jpg

なんだってまだ参らないか!!
IMG_0117_20170422215106f5d.jpg

猫キックだ
IMG_0118_201704222151089dc.jpg

あまり猫の毛色は考えた事は無かったけどみゅうはキジトラより少し明るいムギワラかもしれませんね。
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

お庭のお散歩は

お外が大好きなみゅうちゃん
IMG_0081_20170421181932d1b.jpg

そんな所から出てしまうの?
IMG_0082_201704211819330cc.jpg

これはアケビ(ムベ)です。花は沢山つくけど、余り実はできない。
IMG_0078_2017042118193028b.jpg

これもアケビ、こちらは山にある自然のアケビで、家には2種類が植えてあります。
IMG_0085_20170421181931360.jpg

モッコウバラ
IMG_0079_201704211819359fe.jpg

随分と枝が茂ってしまいました。
IMG_0091.jpg

ライラック
IMG_0094.jpg

十二重(ジュウニヒトエ)、ピンクと紫が咲いてます。
IMG_0092.jpg

クレマチスも咲き始めました。
IMG_0096_20170421182207210.jpg

IMG_0093_20170421181938a5f.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

満開のしだれ桜

今年最後の桜の写真です。
前回9日に行ったので、満開になった15日はぱぱさんを誘って、もう1度しだれ桜を見に出かけました。
ここから見るとあまり変わらないけど、満開になると白くなるんですよ。
IMG_0039_201704180133023ca.jpg

ね、桜は満開でしょう。
IMG_0045.jpg

木の上の方は隙間もなく(笑)
IMG_0046.jpg

IMG_0047_20170418013305ffc.jpg

IMG_0049.jpg

桜の木でさえずる鳥さん、名前は分かりません
IMG_0051.jpg

変わりやすい山のお天気に曇り始めて
IMG_0058_20170418013310167.jpg

帰り際、桜のまだ咲いてるダム湖の橋に、青空だったら綺麗なのにね(笑)
IMG_0059_20170418013311e94.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

世羅高原のしだれ桜

広島のバスツアーは造幣局と、ここ世羅高原です。
ここでの時間も1時間足らずで、写真を撮ってると時間がなくなって途中まででした。
IMG_0001.jpg

地元で見慣れてるしだれ桜と比べると、こちらは背が高くて天井で揺れてます
IMG_0003_20170418013804153.jpg

IMG_0013.jpg

もうすぐ満開なんでしょうか?
こんな感じで並んでいます。
IMG_0017_20170418013806fc8.jpg

前回は、小川にいっぱいだった花弁も、この日はひとひら流れていました。
IMG_0021.jpg

IMG_0028.jpg

IMG_9992.jpg

IMG_9990.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

広島造幣局、花のまわり道(2)


朔日の続きです。
紅華
北海道松前町の浅利政俊氏が実生の中から育成をした桜です。
IMG_9863.jpg

この桜はつぼみも多くて
IMG_9864.jpg

千里香
東京荒川堤にあった桜、芳香があるためこの名が付いた。
IMG_9872.jpg

鬱金
古くから知られた桜、江戸時代に京都知恩院に植えられていた言われてる。
IMG_9875_20170418005611dca.jpg

思川
栃木県小山市の修道院にあった10月桜の種から育成された桜で、修道院の下を流れる川の名前にちなんでつけられました。
IMG_9878.jpg

IMG_9881.jpg

琴平
香川県琴平神社、境内にある山桜系の桜
IMG_9884.jpg

今年の花
妹背
一つの花に実が二つ、対になってつくことから、この名が付いた。
花が付いてたのはこの部分だけです。
IMG_9886.jpg

大島桜
伊豆七島などに自生する桜
IMG_9891.jpg

一葉
東京荒川堤にあった里桜、花芯から1本の葉化した雌しべが出るのでこの名がある。
IMG_9894.jpg

楊貴妃
昔、奈良地方にあった桜で、蕾は濃紅色であるが、開花時には淡紅色となり、花色も優れ豊満なので、中国の楊貴妃を連想して世人が名付けた。
IMG_9899.jpg

IMG_9901.jpg
今回は全部が咲いてなくてまだ3/2が蕾、比較的咲いてる所を写したけどそれにしても
滞在時間がねぇ、1時間足らずとは(笑)
次は世羅高原のしだれ桜へ
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

広島造幣局、花のまわり道

4月14日、この日は朝早くから広島にバス旅行です。
この造幣局には61品種219本の桜が植えられています。
今年は天候の関係か満開の桜や、まだ蕾の桜が数多くありました。
このしだれ桜は満開ですね。
IMG_9926.jpg

大島桜
IMG_9888.jpg

満開の桜も
IMG_9915.jpg

これはまだ蕾です。
IMG_9955.jpg

御座の間匂
東京荒川堤にあった品種
IMG_9937.jpg

IMG_9961.jpg

八重紅大島
大島桜系の1品種、少し香りがある。
IMG_9951_20170417164134e78.jpg

市原虎の尾
京都洛北市原にあった桜で、咲く有様は虎の尾のよう。
IMG_9918.jpg

関山
明治初年東京荒川堤の桜として有名になったさくら。
IMG_9912.jpg

糸括
江戸時代から知られてる桜
IMG_9922.jpg

白妙
東京荒川堤にあった大島桜系の里桜の一種
IMG_9931.jpg

永源寺
滋賀県の永源寺の境内にあった里桜でこの名前が付いた。
IMG_9958.jpg

衣通姫
ソメイヨシノの実生から作られた品種
IMG_9976.jpg

手弱女
京都平野神社境内にある桜
IMG_9967_201704180116326c2.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

花吹雪

少しだけ前の話、筆山の駐車場から
昨年は木がいっぱいで、あまり見えなかった景色も
今年は邪魔になる木を伐り、桜も植樹をしていました。
山桜は一足はやく散ってしまうので
IMG_9702.jpg

風が吹くと下から花弁が舞い上がって来て、あたりは花弁だらけ
これでは小さすぎて分からないですね。
IMG_9698 - コピー

少しトリミングをするとこんな感じ、画面全体が花吹雪
山桜なので散るのも早いけど、広がって上がってくる花弁を見ると感動ものです。
IMG_9698.jpg

IMG_9689.jpg

こちらはもう葉桜に近い(笑)
IMG_9695.jpg


別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

上久喜の花桃

今年は天候の関係で9日に3ヶ所まとめて最後に訪れたのは上久喜の花桃です。
どことも花桃は流行の様で、よく途中で見かける事が多くなりました。
IMG_9850.jpg

IMG_9852.jpg

IMG_9853_2017041117310647c.jpg

IMG_9859_201704111731081b4.jpg

IMG_9860.jpg

IMG_9857_20170411173109126.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

中越家のしだれ桜と市川家のしだれ桜

普段市川家のしだれ桜が散るころに、中越家が咲くのに今年はほぼ同時期に
樹齢200年以上
IMG_9797.jpg

この一帯は、しだれ桜が多いです。
IMG_9802.jpg

IMG_9803.jpg

中越家のしだれ桜は、この時点で5分咲かな?
蕾はピンクで、満開になると白くなるそうです。
IMG_9805.jpg

IMG_9806.jpg

IMG_9809.jpg

飛んでく飛行機が見えない(笑)
IMG_9814.jpg

IMG_9828.jpg

市川家の枝垂桜は満開
こちらは中越家から株分けされたもので、樹齢が50年以上
IMG_9845.jpg

IMG_9837.jpg
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨

ひょうたん桜

2日前のの開花予報では、5分咲きだったのが翌日には満開に
これだけ昼間暖かいと一気にどこも満開に、行く予定だった月曜と火曜は☂マーク
そこで日曜日にお出かけをすることにしました。
山影でまだ日が当たらず、の花もハッキリしない、
IMG_9726.jpg

IMG_9731.jpg

IMG_9732.jpg

もう人も増えて来る時間だし、次に行こうと思ってると
IMG_9743_20170410113133635.jpg

そんな中、綺麗な虹が出て
IMG_9754.jpg

ひょうたんの根元、樹齢500年以上のエドヒガンザクラは大きいです。
IMG_9755.jpg

やがて朝日も当たりだして、あたりは春色に
IMG_9772.jpg

IMG_9779.jpg

IMG_9782.jpg

中心のがひょうたん
周りの木も、大きいので埋もれちゃってる(笑)
IMG_9793.jpg
次は中越家の枝垂
別窓 | そらとあずき | ∧top | under∨
| そらとあずきのうち | NEXT